食生活などが不規則だったり、ストレスが多かったりと女性ホルモンが減少してしまうような生活をしていることや、合わない下着でバストを潰してしまっていることなどが原因としてあげられます。

バストアップの妨げはブラ?

特に合わない下着をつけることで、リンパの流れが悪くなってバストの成長を妨げたり、バストの形が崩れたり垂れ下がってしまうことでバストが大きくなってもバストが小さく見えてしまっている可能性もあります。また、バストに行くはずだった贅肉を、きつい下着で脇に流してしまっていることも考えられます。

ブラを見直してバストケア

まずは、下着の大きさや形を専門店で計測してもらい、自分の胸に会う下着を身につけることです。可能であれば体重に変化があった時など半年に一度は下着を見直すことをお勧めします。

そして、下着の専門店で正しい下着の付け方も教えてもらいましょう。自分に合う下着を正しく装着することで、鎖骨や両脇の贅肉が正しいバストの位置に戻ってきます。

マッサージと取り入れてバストアップ

筋トレやマッサージよりも手っ取り早くバストアップしたいという人は、下着を変えるだけでもバスの大きさに変化が生まれるはずです。本来はバストだった部分を間違った下着で贅肉へとしてしまっている人は案外多いのです。バストが正しい位置で固定できるような下着を身につけることで、バストの血行も良くなりバストアップのサプリメントやマッサージにも効果が出やすくなります。

ランジェリーショップで相談する

バストアップをするために下着を選ぶ際は、必ず下着のプロフェッショナルがいる専門店へ行きましょう。下着の計測は、ランジェリーショップの店員さんであれば入社して数ヶ月の人でもすることが出来ます。しかし、女性のバストと下着について正しい知識と豊富な経験を持っているプロフェッショナルというのはお店に何人もいるわけではありません。ランジェリーショップの未熟な店員さんのアドバイスを鵜呑みにしてしまっては、バストアップにつなげることは難しいでしょう。下着を変えてバストアップを目指すのであれば、普段は行かないような少しお値段のはる商品を置いているランジェリーショプへ行って見ましょう。値段に見合った下着アドバイザーの人が常駐しているはずです。

Agelu (アゲール プレミアムナイトブラ)の口コミ>

バストアップに効果があるプエラリアとはどんな成分

プエラリアとは、一言であらわすと胸を大きくする成分です。

そんなプエラリアの原産国はタイの山岳地帯に自生するマメ科の希少な植物です。

この植物は、その殆どがショ糖と食物繊維でこの中に含まれる植物性エストロゲン・イソフラボンという成分が、実に大豆の40倍も含まれているという研究結果が出ています。

プエラリアに含まれる植物性エストロゲンとして、プエラリン・ゲニスチン・ダイゼイン・ダイジン・ゲニステイン・ミロエステロールなどがあげられ、イソフラボン類の成分が豊富に含まれています。

この中でも特に美乳効果があるとして有名なのがプエラリンです。このプエラリンが多く含まれているほど高品質であると捉えられているくらい、プエラリアの中でも大切な成分の1つです。

 

バストアップに効果があるメカニズムやプエラリアの効果

プエラリアに含まれる植物性エストロゲンという成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似たような性質を持っています。この植物性エストロゲンが、女性ホルモンのエストロゲンの受容体に結合することによって、エストロゲンと同じようなホルモン作用(エストロゲン様作用)を起こしてくれるというメカニズムです。
プエラリアを摂取し、エストロゲンが増えることで得られる効果として一つ目にバストアップ効果があります。二つ目にホルモンバランスの乱れによる生理不順や、エストロゲンの減少によるPMS(月経前症候群)といった症状に有効に働きかけます。三つ目に加齢や女性ホルモンの乱れによる肌トラブルも含有成分が解消に導いてくれ美白・美肌効果があります。四つ目に更年期障害を改善させ、イライラも落ち着かせる効果があります。最後にエストロゲンは女性ホルモンを活発化させるだけでなく、抜けにくい健康な髪にする効果があることから薄毛や育毛効果にも期待ができるといわれています。その他にも、リラックス効果や代謝アップにも繋がったりとさまざまな効果が期待できます。

バストアップサプリを摂取する危険性

過剰摂取は危険です。副作用のポイントとしては1日の摂取量や摂取時期が重要になってきます。日本ではプエラリアの摂取量に決まりがないのが事実ですが、副作用の関係で1日400mgを超えない方が良いとされています。また、摂取時期については、プエラリアに含まれる植物性エストロゲンとしてあげられる、プエラリン・ミロステロール・デオキシミロステロール・ゲネスチン・ダイゼニンなどの成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用を促すことから、卵胞期に摂取することが好ましいとされています。逆に黄体期に作用するバストアップ成分としては、ワイルドヤムやチェストベリーがあります。副作用としては、生理不順・不正出血・頭痛、福通・抜け毛・ニキビ・肌荒れ・不妊症・頭皮の乱れ・血行不順、冷え性などがあげられます。

バストアップのためにプエラリアを摂取するときの注意点は?

ピルとの併用は、女性の身体に悪い影響を及ぼす可能性があることから、服用時には注意しなければいけません。また、ホルモンバランスに影響を与える成分ですので甲状腺異常があるなど健康に不安のある方の利用は慎重になった方がいいです。また、女性特有の癌や生殖系の病気がある方は、ホルモンのバランスが不安定な状態になっていますので、この状態でプエラリアを摂取することで、症状の悪化が起こりやすくなってしまうので注意が必要です。20歳以下の方が服用すると、心身にも大きな負担がかかりやすくなってしまいます。不妊治療中の女性は元々エストロゲンが低下していたり、ホルモンバランスが崩れている傾向にありますので、プエラリアの摂取はさらに現在の状況を悪化させる恐れがあります。

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムの効果は?口コミ大暴露!